6afd815b2c2877546f023560c6f7c076_w

電車内で、座っているご主人の前に奥さんらしき女性が立っている。

ご主人の隣には大人しそうな文学青年。

一つ駅を過ぎたところで文学青年の横の席が空き、

青年はサッと一つ横にズレた。

これでご主人と奥さんは並んで座れる。

軽く会釈をしながら座る奥さんに、同じく軽く会釈を返す文学青年。

言葉はなくても、心が通じ合った瞬間を、反対側の席から見ていて嬉しくなった。