ビジネス

「ブランディング」という企業戦略から、「セルフブランディング」や「パーソナルブランディング」も推奨されるようになりましたね。

世の中は断然「セルフブランディング」が優勢です。

「セルフブランディング」とは、ブログやFBなどで「私って、こぉ~んなにもすごい人なんだぞーっ!」

と、世の中に自分で自分を売り込むことです。

特に多くの個人事業主(フリーランス)の人たちは、必死になってやっています。

でも、セルフブランディングが本当に自分に合っていると思えるのならいいのですが、そうでないのにやるセルフブランディングなら、危険です。

どうしてかというと、自己アピールを過剰にしすぎると、自分を本当の自分以上に魅力的に見せなければならないので、自分がどんどん虚像化され、本当の自分から遠くかけ離れてしまうからです。

“すんごぉ~く美味しそうなお料理に見えたのに、食べたらまずかった。ガッカリ”

と、自分がまずいお料理になりかねません。

さらに、競争社会に巻き込まれて、しかもそれは一生続きます。

やがて辛く苦しくなって、心身を壊してしまうこともあります。

できれば、「パーソナルブランディング」がいいですね。

パーソナルブランディングは、自己分析です。

今の自分をきちんと分析して、理想の自分になれるように近づけていくことです。

高額セミナーで自分を過剰に魅力的に見せる技を学ぶより、自分自身をきちんと理解して自分磨きを学んだ方が、無理のない自分でいられるので、ラクチンです。

それに世の中に出回っているセルフブランディングは、みぃ~んなが同じことを習っているので、結局はみんな一緒になるってことですね。

どんなにきれいにお化粧して見た目の美しい人になっても、どんなにかっこよくキメても、中身(心・気持ち)が美しくなかったら残念な人になってしまいます。

周りに振り回されたり、飲み込まれないための、しっかりとした自分軸を持てれば、無駄な競争社会の渦に巻き込まれずにすみます。

メディアが騒ぐ「ブランディング」に惑わされることなく、自分軸をしっかりと持ちましょうね。