空白の時間

どんなに忙しくても、自分を大切にする時間を忘れないように気をつけたい。

できれば毎日のスケジュール欄のどこかに、空白の時間を作っておく。

それでも次々にお仕事や勉強、雑用やその他の用事に追われるようなら、とりあえず後回しにできるものは保留に、あまりにも難しいものは手を付けず、天の神様に委ねて少し様子を見てもいい。

そうやって自分が1番リラックスやホッとできることをして、心身を新鮮な状態にしてみる。

そしてエネルギーチャージができたら、また次のスケジュールをこなせばいい。

私は大好きな夕焼けの時間や、星空を眺める時間を確保している。