母グリ

もうすぐ父の一周忌。

母は父の話をするときに、今でも涙ぐみながら言葉を詰まらせる。

母にとって23年の介護生活は、いいことばかりではなく、辛く苦しいことも多かっただろう。

けれども、母が見せる涙は、長時間、父と過ごせた日々の善き思い出の証。

そんな母のグリーフケアを、1番できるのは私だと自負している。

それができることが、嬉しくもあり、親孝行でもあると思いつつ、

さらに幸せなことだと思えてありがたくなる。