不審者

「学校にいるときに不審者が来たらどうする?」

ということで、警察署の方に来ていただき、対応訓練を受けた。

けれど、不審者対応は学校に限ったことではない。

いつ、どこにいても、不審者に遭遇する可能性が0%とは言い難い。

もし遭遇したら、すぐ110通報し、不審者の特徴、たとえば身長、服装、体格、年齢、
履いていた靴、逃げた方向などを、伝えること。

何より基本は、中に入れないこと。入り口でウロウロしていたら、

「どうされましたか?」「何か御用ですか?」

などと、声をかける。それだけでも不審者の侵入を躊躇させ未然に防ぐことができる。

隣りの住民を見たことがない、ご近所の人はわからないなど、
人との関係が希薄になっている現代は特に、いざというときの『声掛け』は大事だと思う。

自分で自分の身を守りつつ、弱者を巻き込ませないよう、対応したい。