電話

調べたい商品があり、都内の大手デパート数件に問い合わせの電話をかけた。

どこのオペレーターもショップスタッフも、好感の持てる親切丁寧な対応だった。

電話を切った後、爽やかな感情が残った。

客商売なのだから、親切丁寧な対応は仕事の一環として当然なのかもしれないが、
それでもかけたこちら側は、いい気分で電話が終えられた。

 

私も日々、電話を使うことが多い。

カウンセラーとしてセッションをしたり、
心理ソーシャルワーカーとしてありとあらゆる施設や行政、自治体、関係者と話す機会も多い。

相手は電話対応の専門ではないので、無愛想だと感じることがある。

中でも、時々、相談者のふりをしてかける、行政や大きな組織団体の電話相談などは、
本当に相談業務かと疑いたくなるほどぶっきらぼうで邪険な扱いが多く、
がっかりしたり泣きそうになることも少なくない。

 

問い合わせだろうが、カウンセリングセッションだろうが、業務連絡だろうが、
表情が見えない会話だからこそ、言葉遣い、声のトーン、相手を思いやる気持ちなど、
気をつけて対応したい。

せめて、相手が電話を切った後に、嫌な思いや負の感情が残らないように気をつけよう。