%e8%83%bd%e5%a4%a9%e6%b0%97

これまで多くの艱難辛苦に遭遇しながら、
どうして元気にいられる自分なのか、ふと、考えてみた。

多分、ジタバタしながらも、難しすぎる問題の解決、良縁との巡り合い、
物事のタイミングなどは、運や時の流れに身をまかせてきたから。
そして、能天気にボケーっとすることも多かったからだと、自己分析してみた。

【ケセラセラ(Que Sera, Sera)「なるようになる、気に病んでもしかたない」】
は、その通りだなぁと思う。

能天気はあまり良い意味では使われないし、
私自身、一般的な就職や生き方が、全然当てはまっていない人生。

けれども、特にここ数年、心が「YES」と言わない道は歩かず、
「NO」の方へは進まず、その都度、自分の気持ちに納得できるまで折り合いをつけてきた。

不器用なりに、自分には自分らしいやり方がある。
これは自分で納得していること。

周りに惑わされず、自分の歩幅で、自分のペースで、進むべき道を切り開きながら、
歩んでいく。

 

※ちなみに、何も考えず、ボーッとすると、自律神経が整うといわれている。