%e9%81%8b

常々、自分の言動を、相手が笑顔になれるかどうかを軸にしたいと思っている。

チーム作業では、どうしたらみんなが楽しく快適にできるか、
どうしたら相手が喜んでくれるか考えたい。

ところが、勝手な私は、ついつい自分の利益を優先に考えてしまう。

自分がやりやすいように、自分が快適なように、自分に利益があるように。

もちろん、自分を大切にすることはいいことだと思う。

けれど、目の前に募金箱があっても、どこに使われるかわからないと思うと、
1円を粗末にするものは1円に泣かされるなどと、つじつまの合わない屁理屈をこねて、
お釣りを財布に入れ、結局は自分の利益にする。

電車内で目の前に人が立っていても、私だって疲れているからと、
心地良い揺れに身を預けて居眠りをする。

路上にゴミが落ちていても、1つ2つ拾ってもキリがないと、そのまま通り過ぎる。

将棋倒しになった自転車を見ても、倒したのは自分じゃない、と見て見ぬふりをする。

なんてカッコ悪いんだ、自分。

きっと損得を考えて、これっぽっちも自分の利益にならないと判断しているからだろう。

他人の評価を気にすることなく、損得を考えない行動が自発的に自然にできたら、
カッコいいのになぁ。

テレビドラマでこんなセリフがあった。
お金目当てに老人を殺そうとした青年に、老人が淡々とゆっくりと諭すように語った言葉。

『運は貯められる。世の中は足して引いて0になるように出来ている。
生まれたときに持っているものに差があっても、札は同じ数だけ配られている。
良いことをしたら運が貯まる。悪い事をしたらすぐに運は減る。
人殺しなど、イッカンの終わりだ。
運を味方にすれば、何十倍にも幸せは膨れ上がる。
問題は、自分がどういう風になりたいか。
自分の頭で考えろ。考えて考えて吐くほど考えて、見極めろ。運を使いこなせ』

誰かが見ていようがいまいが気にせず、相手の事や全体を、自然に想いやることができたら。

正しいことや良いと思ったことを、損得計算しないで、優しさを持ってできたら。

日々の小さなことから、少しずつ少しずつ運を貯めて使いこなせたら、
カッコいいと思うなぁ。