%e7%9b%b8%e8%ab%87

カウンセリングセッションでご相談者様に相談されたら、
カウンセラーは〝自分で考え、自分で結論を出すこと〟を提案する。

いきなりカウンセラーから、意見や解決方法を言うことはないし、
間違っても〝大丈夫です〟とは、口が裂けても言わない。
大丈夫か大丈夫じゃないかなど、誰にもわからない。
なぜなら、相談事はあくまでもご相談者様のことであって、
他の誰の相談事とも被らないから。

解決法は極力自分で見つけて、自分で解決してゆく。

カウンセラーはご相談者様が、自分で考え、自分で結論を出せるように、
寄り添いながら伴走し、あくまでもお手伝い。
いきなりこうしてください、ああしてくださいという指示を出すことはない。

傾聴以外に技法を使った方がいいと思うときには、その技法を詳しく説明し、
使うかどうか、おうかがいを立てる。

こうしたほうがいいかなと思った時には、カウンセラーからご相談者様に、
「こういう方法がありますが、どうですか?」
「こうしたらどうかなと思うんですが、どうでしょう?」
という相談をする。

そうやって一緒にセッションを進めてゆく。