photo0000-0748

著名人数人に取材をし、お話をうかがってびっくりしたことがあった。

それぞれ、別々の場所でバラバラに活躍しており、接点はないのに、揃いも揃って口々に
「〝自然との共生〟〝縄文時代の平和〟が大切」
という同じワードが飛び出した。

今さらながら、縄文時代とは? なぜに縄文時代????
無知な私には理解できず、調べてみた。

縄文時代の遺跡は、日本で数千か所も発掘されているのに、頭に矢が突き刺さっていたり、
肋骨に槍の穂先が挟まっているような遺体は、いまだ発見されていない。
つまり、元々日本人は平和を愛する民族で、特に縄文時代の日本は、
戦も無く男女がともに働き、助け合い、力を合わせてくらしていた平和な時代で、
二万年近くも続いたのだという。
そして、縄文時代の人々は、自然の恵みを大切にしつつも、その恵みを摂り過ぎず、
不要なゴミを出さない自給自足のエコ生活を送っていた。
縄文時代の優れた文化は、自然との共生の中で、家族や仲間を大切に思う心が育んだものだという。

平和、エコ、自然、愛、心

今の時代に無くなりつつある、本当は必要で大事なものばかり。
著名人たちが口々に語った理由が理解できた。

時代が本当に平和なら、そしてすべての人々が愛が溢れていたら、
心理カウンセラーは不要な気がする。

縄文時代にタイムスリップしてみたくなった。